1回目の返済を大事に!

      2017/11/27

1回目の返済を可能であるのなら最低返済額より多めに返済することをおすすめします。

というのは、1回目の返済を最低返済額でおこなうと2回目以降の返済も最低返済額でおこなってしまう可能性が高くなってしまうからです。

毎回、最低返済額で返済をしていたらいつまでも完済しません。(完済までに長い期間がかかるという意味です。いつかは完済します)

もったいない心理が働く

なぜ1回目の返済を最低返済額でおこなうと2回目以降の返済も最低返済額での返済になってしまうのでしょうか。

その理由として『もったいない心理』が働くからです。

キャッシングの返済は借入れ額におうじて最低返済額が設定されています。最低返済額以上であればいくら返済をしてもかまいません。

たとえば、10万円の借入れで最低返済額が4千円以上であればぎりぎりの4千円以上であればいくら返済をしても構いません。自分で決められます。

最低返済額ぎりぎりでも返済をしたことになるのであれば、それ以上に返済をすることに対してもったいないという気持ちになってしまいます。

多く返済をすることは決してもったいなくはありません。少しでも多めに返済をして早く完済をすれば、支払う利息も少なくて済みます。

 - 友林堂