千円を粗末に扱うと千円に泣かされる

   

意味
千円を粗末に粗末に扱うとその数倍の借金をしてしまうという意味。お金を粗末に扱うとは、何に使ったのかわからないような使い方や無計画な使い方をいいます。

ご融資は1万円単位から

キャッシングに限らず金融機関から新規で借入れをおこなう場合、1万円からとなっています。たとえば、生活費が千円足らずにお申込をしても1万円からとなります。したがって残りの9千円は無意味な借金になってしまいます。しかし、どこも1万円ちょうどでの融資はおこなってくれません。どうしても5万、10万単位でのご融資となります。そして、気がつけば全額使ってしまっています。

以上のようの生活費が千円足らなかったことで結果的に10万、20万の借金をしてしまった人はたくさんいます。(管理人もそのうちにひとりです)一度お金を借りると、お金を借りる前よりもお金を粗末に扱ってしまう傾向があります。とういのは、お金を借りれたことで『自分はいつでもお金が借りれるんだ!』という妙な安心感が生まれるからです。千円に泣かされないためにも、キャッシングのご利用後は今まで以上にお金を大切に扱わなければいけません!

 - 友林堂