まずは相談を!

   

返済が遅れそう!決められた返済額が用意できない!など返済に困ったらまずは利用している業者に『相談』をすることが大事です。

(業者に相談する前に家族などに相談するのがベストです)

相談をすることで、元金(件数)を増やさず解決することができます。

元金が増える借金はやっかい

返済に困ったときに1番やってはいけない(やってほしくない)ことは、他社からお金を借りて返済をすることです。

つまり、借金返済のための借金をすることです。

返済のための借金を繰り返していたら元金が増える一方となります。

もし、返済ができずに借金を整理することになった場合、利息や延滞金はカットすることができても元金じたいをカットしてもらうことは厳しいです。

たとえ元金をカットしてもらったとしても大幅なカットは期待できません。

紳士的に対応してくれます

返済に困ったら相談をしてください!いっけんすると何でもないようなことですが、
実はこのことが意外とできていません。

その理由として2点あげられると思います。

まず1点目は『相談することへの不安』があります。

業者に相談をしたら「怒られそう」「家族に請求されるかも」「どうせ、こちらの要求は聞いてくれない」などなど。

業者に相談しても紳士的に対応してくれるはずがないという思いから返済に困っても相談しないケースです。

しかし、これは誤解です。

自分の現状を相談すれば、返済日を少し待ってくれたり、当月の返済額を減額してくれるなど紳士的に対応してくれます。(管理人も経験しています)

業者が1番困ることは連絡をせずに返済期日を守らないことです。

もう1点目は『必要以上に自分の信用情報を気にしずぎること』です。

もし返済に遅れたりしたらブラックリストに載ってしまい将来お金を借りれなくなるのではないのか。という思いからついつい他社からお金を借りて返済をするケースです。

1番大事なのはお金を返すことです。たとえ返済期日が過ぎても結果的に完済をすることが大事なのです。

返済をする過程で返済の遅れが何度かあったとしても完済することである程度は評価されます。

マラソンでも途中に棄権をした人よりも時間がかかっても完走した人の方が評価を受けます。借金の返済も同じです。

 - 友林堂